医療

【五十肩の施術に悩む治療家、セラピスト必見!】五十肩(凍結肩)の病態鑑別で大切な3つのポイント

 

こんにちは。セラピスト診断学研究所の元原です。

今日は、

「五十肩(凍結肩)の病態鑑別で大切な3つのポイント」

についてわかりやすく、3つのポイントでお伝えします。
ぜひ最後までご覧ください。

 

①他動での関節可動域
②夜間痛の種類
③結滞動作痛が有無

肩関節の治療することが多い理学療法士や柔道整復師はもちろんのこと、
整体師やマッサージ師の方でも、五十肩の悩みを抱える患者さんと触れ合う機会は多いと思います。

『五十肩』というのはものすごく広い意味での病名で、
病院などの医療機関では、保険請求をする上での正式な病名ではありません。

病院では主に『肩関節周囲炎』と表現されることが多いです。

腱板損傷や肩峰下滑液包炎、二頭筋長頭腱炎なども、広い意味で五十肩に含まれます。

なぜかと言うと、「だいたい50歳ぐらいで肩の痛みが多くなるので、その人達をまとめて五十肩と呼んだ」ことがきっかけだそうです。

いわゆる五十肩の中でも、今日は凍結肩に焦点を当ててお話ししたいと思います。

 

①他動での関節可動域

患者さんの訴えの中でよくある悩みが、

「肩が痛くてあげられないんです、、」

というものです。

これは凍結肩に限らず、腱板損傷やインピンジメント症候群でも頻繁に見られる症状の一つです。
ただ、凍結肩というのは肩関節を構成している関節包が硬く柔軟性が乏しくなるので、本当に上がらなくなります。

・痛みの為に上がらないのか
・構造上上がらなくなっているのか

を確かめるには、他動の関節可動域をチェックすることが必要です。

例えばインピンジメント症候群であれば、患者さんの腕をしっかり支えてあげて挙上させれば普通に上がります。
ではなぜ患者さんは、

「腕が上がらない」と訴えるのかというと、

『これ以上挙げると痛みが出るから挙げたくない』という心理からそのような表現をします。

凍結肩が進行し拘縮が強くなると、何をやっても劇的に改善することはないんです。
「1回の施術で五十肩が治った」というのは、狭義の凍結方ではないんですね。。

手術をせずに凍結肩を一発で動くようにするには、肩の神経を麻痺させて固くなってる肩関節包を思いっきり剥ぐ
『サイレントマニュピレーション』という手段を取る以外に難しいです。

凍結肩とその他肩の痛みを見分けるためには他動手の関節可動域をチェックしてみてください。

②夜間痛の種類

「寝ている時に肩が痛むんです、、」という訴えも割と多くありますが、その痛みの発現の仕方にもいくつか種類があります。

凍結肩以外での夜間痛の出現の仕方は、

・寝返りをすると痛い

このことを患者さんは「夜寝ていると痛い」と表現します。

対して、凍結肩の夜間痛の出現の仕方は、

・寝返り関係なく寝ているだけで痛い

んです。

特に、仰向けで寝ているとひどく痛みます。
これは関節内の関節腔または上腕骨頭内の圧力が高まるために、うずくような痛みを発現します。

ですので、夜寝ていると痛むと訴えをする患者さんにも、

「寝ているだけで痛いですか?それとも寝返りをすると痛みますか?」という問いかけをしてみてください。

 

③結帯動作痛の有無

凍結肩で一番障害される動きは、腕を背中に回してエプロンを結ぶ動作です。

この結帯動作ができなくなる理由は凍結肩の発生機序にあります。
諸説ありますが、最近の整形外科医学会で有力視されているのが、『腱板疎部周辺で起こる機械的なダメージ』です。

腱板疎部を中心に肩関節内に炎症が波及するため、上腕骨頭を前方に変位させる結帯動作に明らかな障害が起きます。

ですので肩関節の痛みを訴える患者さんには、結帯動作の有無を確認してみてください。

凍結肩にも、

・炎症期
・拘縮期
・解凍期

と3つのシーズンがあり、拘縮期から解凍期はひどく動きに制限がありますが、
炎症期ではまだ比較的肩関節が動きやすい状態が保たれています。

ですので、凍結肩の炎症期とその他肩関節疾患を詳しく鑑別するための方法は、またの機会にお話しさせていただきます。

 

お分かりいただけましたでしょうか。
本日のテーマ、「五十肩(凍結肩)の病態鑑別で大切な3つのポイント」について まとめてみました。

⇓今回の内容をまとめたYouTube動画はコチラ⇓

 

 

セラピスト診断学研究所は、
「すべては患者さんのために、診断学を身につけて地域の医師との連携を図ること」
を目的に活動しています。

@t_d_lab.official

Vision : 健康に関わるすべての人をつなぐ
Mission : 辛い想いをする患者様を限りなくゼロにする
Value : Be Positive 前向きに Be Honest 正直に

医師連携を取るためには、
●原因を的確に判断できる病態鑑別能力
●きちんとした紹介状が書ける事
の共通言語が必要です。

具体的な活動内容は、
・週に一度、診断学に関するコラムを配信
・判断に困る患者さんの症例相談
・医師の信頼を得るための紹介状書き方レクチャー
・研究所内で学んでいる学生とのリクルートの場

当研究所は、承認制グループとして運営しております。
参加希望の方は下記リンクからお願い致します。

⇓⇓

#柔道整復師
#理学療法士
#医療
#セラピスト
#接骨院
#整骨院
#治療院
#整体師
#スポーツ
#医療従事者
#整形外科
#西野亮廣エンタメ研究所
#上腕二頭筋長頭腱炎

関連記事

  1. 舟入高校東接骨院のショップカードができました! 広島市中区の株式会社P…

  2. 【膝の病態鑑別が苦手な治療家、セラピスト必見!膝の滑膜ひだ障害を理解す…

  3. 【医療連携がとれない治療家、セラピスト必見!】 医師と連携したほうが…

  4. トレーナー活動にいってきました! 広島市中区の接骨院・整体院、舟入高校…

  5. 「脊髄空洞症を理解する」

  6. 【スポーツをしている学生さん】太ももの痛み 原因は?💡  広島市中区の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP