医療

【医療連携がとれない治療家、セラピスト必見!】 医師と連携したほうがいい3つの理由

こんにちは。セラピスト診断学研究所の元原です!

 

今日は、

「医師と連携したほうがいい3つの理由」

についてわかりやすく、3つのポイントでお伝えします。
ぜひ最後までご覧ください。

①画像検査をしてもらえる
②注射、薬の処方をしてもらえる
③患者さんから信頼される

今日の内容は、医師に近しい理学療法士などに限らず、整体師やセラピストにもタメになります。
これからの時代、絶対医師と仲良くしておいた方がいいよ、というところに着地したいと思います。

①画像検査をしてもらえる

何より安心できるのは画像検査をしてもらえることです。
私は柔道整復師を所有していますが、問診や理学所見などでおおよその病態鑑別はできます。

それも、同じ資格を持っている方たちの中でも、その能力は上位一割の中には入っているかと思います。

それでもやっぱり問診や触診だけでは十分でなく、
画像検査をして『答え合わせをしたいしたいな~』と思うことは多々あります。

そんな時に、気軽に相談できるお医者さんが近くにいればとても安心します。

例えば、小学生のスポーツ選手で腰の痛みを訴える症例があった場合、
とにかく一番慎重に判断しないといけないのが、

●腰椎分離症があるかないか
●あった場合の重症度

です。

これに関しては、問診やエピソード、カラダの動きだけではわかりません。
やはり MRI を撮って炎症反応を確認し、炎症反応があれば CT 検査で進行度を確認するステップが必要です。

腰椎分離症はレントゲンを撮っただけでは判断できないことが非常に多いです。
一般的にレントゲンで確認ができる分離症は、完全に疲労骨折か完成した末期の状態であることが多いです。

疲労骨折を初期の段階に確定診断をして、治療方針を考えるためには MRI CT は必須だと考えます。

このようなサポートをするためには、画像検査を許されていない私たち医師以外の医療従事者は、医師に頼らざるを得ません。

であればやはり、気軽に相談できる医師が近くにいることはとても安心材料だと思っています。

 

②注射、薬の処方をしてもらえる

これも、医師以外の医療従事者に許されない医師の特権なので、絶対に頼ったほうがいいと思います。

もう単純明快で、徒手的にまたは鍼や灸を使ってみたり、漢方や食事療法トレーニングなどのすべての選択肢を試しても、
やっぱりどうにもならない痛みや症状はあります。

それを注射や薬でコントロールできるのであれば、一時的にでも頼ることは患者さんにとって優しいなと思っています。

肩関節の石灰沈着性腱板炎はものすごく強い痛みを訴えて来院されます。
これに関しては柔道整復師が徒手的に彼をするというよりも、
医療機関に行って、ステロイド注射などの強力な抗炎症薬を注射してもらった方が、痛みの取れ方が段違いです。

基本的に、私自身も注射がすごく苦手ですし薬はあまりおすすめしたくはないんですが、

「この場合は使った方が患者さんにとって優しい」

と判断したときは、相談できるお医者さんに連絡をして、一緒にその患者さんを良くしていくための選択をしています。

 

③患者さんから信頼される
上記の①②の結果の話ですが、 患者さんの悩みに対し最適な選択肢を提案できれば、
そうでない場合と比べ相対的に症状が改善し喜ばれる確率が上がります。

その積み重ねをしていけば、当然患者さんからは信頼され、口コミが広がり支持される治療院になることは容易に想像できると思います。

『全て自分の手で何とかしよ』うという責任感と向上心は大事かと思いますが、
それと同じぐらい
『患者さんの悩みを解決するための選択肢を増やす』ということは大切です。

番外編ですが、お医者さんと連携し会話ができると何より楽しいです。
難渋している患者さんの症例に対し、一緒に頭をひねることができ、共にあの手この手で良くしていこうという
取り組み自体にワクワクを感じます。

また、お医者さんは医師会に所属している限り、定期的に勉強会に参加されています。
ですのでイヤでも最新の医学情報に触れているので、その情報をシェアしてもらうことができ、
自分自身の能力もどんどんUPさせることができます。

 

お分かりいただけましたでしょうか。
本日のテーマ、「医師と連携したほうがいい3つの理由」について まとめてみました。

この内容をまとめた

YouTube動画はこちらから⇓⇓

 

セラピスト診断学研究所は、
「すべては患者さんのために、診断学を身につけて地域の医師との連携を図ること」
を目的に活動しています。

@t_d_lab.official

Vision : 健康に関わるすべての人をつなぐ
Mission : 辛い想いをする患者様を限りなくゼロにする
Value : Be Positive 前向きに Be Honest 正直に

医師連携を取るためには、
●原因を的確に判断できる病態鑑別能力
●きちんとした紹介状が書ける事
の共通言語が必要です。

具体的な活動内容は、
・週に一度、診断学に関するコラムを配信
・判断に困る患者さんの症例相談
・医師の信頼を得るための紹介状書き方レクチャー
・研究所内で学んでいる学生とのリクルートの場

当研究所は、承認制グループとして運営しております。
参加希望の方は下記リンクからお願い致します。

⇓⇓

#柔道整復師
#理学療法士
#医療
#セラピスト
#接骨院
#整骨院
#治療院
#整体師
#スポーツ
#医療従事者
#整形外科
#西野亮廣エンタメ研究所
#上腕二頭筋長頭腱炎

関連記事

  1. 【五十肩の施術に悩む治療家、セラピスト必見!】五十肩(凍結肩)の病態鑑…

  2. 【医師と連携を取りたい治療家、セラピスト必見!】治療家に対する医師の本…

  3. 【スポーツをしている学生さん】太ももの痛み 原因は?💡  広島市中区の…

  4. 「画像読影を学んだほうがいい3つの理由」

  5. 【今すぐ患者さんに説明できる!】半月板損傷を理解する

  6. セラ研ブログ【外傷処置に自信がない柔道整復師必見です!】外傷処置とは何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP