医療

【スポーツ選手の腰の痛みは要注意】腰椎分離症って何? 広島市中区の株式会社PLAYBASEのブログです。

おはようございます。

広島市中区の接骨院・整体院、舟入高校東接骨院・舟入MSG整体院の元原です。

今回は、

【スポーツ選手の腰の痛みは要注意】腰椎分離症って何?

について、わかりやすく3つのポイントでお伝えします。

①スポーツ×腰部痛でまず疑う
②スペシャルテストをあてにしない
③ステージにより予後が変わる

動画でご覧になりたい方はこちらから↓↓

小児から10代にかけての腰部痛には、放っておくと長期の治療期間が必要になったり、
成人以降の腰痛の原因になってしまうものがあります。
その一つである、腰椎分離症を見分けるためのポイントをまとめてみます。

①スポーツ×腰部痛でまず疑う

腰椎分離症は、「椎体の伸展、回旋動作」が主な原因となり椎弓に発生する疲労骨折です。

最も発生しやすいのは、『第5腰椎』で、次いで第4、第3の順に割合が多くなります。
腰椎分離症の詳しい病態については、ネットで検索するとたくさん出てくるので、ここでは割愛させていただきます。

椎体の伸展回旋が起こりやすい状況として、最も多いのは『スポーツ競技』によるものです。
・野球でバットを振ったり
・サッカーでシュートをうったり
・バレーボールでスパイクを打つ時など
繰り返しのストレスが椎弓に加わり 炎症を起こします。

となると、小中高生の腰部痛で、スポーツを盛んに行っている方であれば、
まず腰椎分離症を念頭において問診にあたるのがポイントです。

また稀に、
・吹奏楽部
・書道部
・美術部
に所属している学生でも、分離症を発生することがあります。

「体力をつけるために毎日グランドを3 km 走っている」吹奏楽部
「2 m 以上ある紙に、無理な体勢で長時間字を書き続ける」書道部
「天井に装飾をつける作業を1ヶ月間続けてきた」美術部

など、話を聞くと分離症が発生してもおかしくないエピソードを確認できる場合があります。
『文化部では発生し得ない』と決めつけることは NG です。

 

②スペシャルテストをあてにしない

腰椎分離症の理学所見に、
・kempテスト
・後屈テスト
・椎弓根の圧痛
などありますが、私の経験上、これらのテストがほとんど出ない場合でも、
痛みが続き一週間後に MRI を撮ったら、進行期の分離症が見つかったケースがあります。

しかも一度や二度でなく何度もです。

特に小児の場合、どの程度の痛みを『痛み』として判断し表現するかにものすごく個人差があります。

スペシャルテストがすべて強く陽性が出ても MRI 上、全く信号が出ないケースもありますし、
上記のようにほとんど所見が出ないケースでも MRI により高信号が確認できる場合があります。

初診時に「明らかな理学所見の陽性反応がなく可能性が弱い」と判断した症例でも、
経過次第では、一度医療機関での検査をお勧めします。

 

③ステージにより予後が変わる

腰椎分離症のスペシャリストである、徳島大学病院の西良先生が提唱されている『分離症のステージ分類』があります。

これには、
●レントゲンで椎体の成熟度を評価する骨年齢評価と
●CT 検査により疲労骨折の進行度を評価したものがあります。

まず、レントゲンで椎体の成熟度を評価する基準について、
「C stage」 「A stage」 「E stage」と三つのステージに分けられます。
・C stage:レントゲンにより椎体の骨端核が確認できないもの
・A stage:骨端核が出現し骨硬化が始まっているもの
・E stage:骨硬化が完了したもの

次いで、 CT 検査 により疲労骨折の進行度を評価したものについて、
画像のように『初期』『進行期』『終末期』と三つの段階で評価されます。

初期で発見された場合、およそ9割以上が融合を認めますが、終末期で発見された分離症は今後癒合することはありません。

この二つの評価で最も注意すべき状態は、
・C stageの進行期から終末期です。

椎体の骨端核が確認できない状態というのは、椎間板と椎体とをつないでいる終板も未成熟な状態です。
この状態で椎弓が完全に疲労骨折をしてしまえば、椎体の支えがなりなくなり前方にすべってしまいます
これが『腰椎分離すべり症』です。

終板がきちんと骨硬化しているE stageでは、いくら椎弓が疲労骨折して離断しようとも、すべり症に移行する可能性は極めて低いです。

なので特に、「小学生で発生するスポーツを起因にした腰部痛」には注意をする必要があります。

お分かりいただけましたでしょうか。
本日のテーマ、

【スポーツ選手の腰の痛みは要注意】腰椎分離症って何?

についてまとめてみました。

 

今日のブログを分かりやすくまとめた動画がこちら!!

↓↓

広島市中区の接骨院・整体院、舟入高校東接骨院・舟入MSG整体院では、感染症対策には十分気を付けて営業を行っております。

他にも、Instagram公式アカウントでは、
★カラダの悩み別 自宅でできる簡単セルフケア
を定期的に紹介させていただいております!

ご興味がありましたら、下記をアカウント名で検索してみてください!
きっとあなたのためになります。
●Instagram公式アカウント
↓↓
@funairi.higashi_sekkotsuin
セルフケアで解消されない悩みは、広島市中区の舟入高校東接骨院・舟入MSG整体院で解決しましょう!

これからも、このブログでは、
◎株式会社PLAYBASEのニュース
◎株式会社PLAYBASEでの取り組み
について発信していきます!
よろしければブックマーク登録をよろしくお願いいたします^^

【下記ページからお問い合わせください。】

お問い合わせ

西区 中区 舟入 江波 住吉 中広 横川 吉島 大手町 光南 広島市 安佐南区 広島 整体 柔道整復師 靭帯損傷 腰椎分離症 ヘルニア 接骨院 整骨院 膝の痛み 腰痛 肩こり 腕の痛み 五十肩 変形性膝関節症 半月板損傷 前十字靭帯断裂 スポーツ障害 シンスプリント 骨折 捻挫 脱臼 野球肘 肘内障 ぎっくり腰 急性腰痛症 理学療法士 整形外科 手術 ばね指 手根管症候群 舟入 舟入高校 広商 広島商業高校 江波中学校

関連記事

  1. 【スポーツをしている学生さん】ひざの痛み 原因は? 広島市中区の株式会…

  2. 【スポーツに携わる治療家、セラピスト必見!】シンスプリントの画像の特徴…

  3. 【膝の病態鑑別が苦手な治療家、セラピスト必見!膝の滑膜ひだ障害を理解す…

  4. 蒸し暑い『熱帯夜』を乗り切る方法は? 広島市中区の株式会社PLAYBA…

  5. 「画像読影を学んだほうがいい3つの理由」

  6. トレーナー活動にいってきました! 広島市中区の接骨院・整体院、舟入高校…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP